学校日誌

今日の出来事

今日から2学期

 8月24日(月)2学期の始業式がありました。まだ全校で体育館に集まることができないので、校長先生の話や9月の生活目標の話を放送室から生放送しました。暑い日が続きますが、今日から2学期。気持ちを新たに学習や活動、行事に取り組みましょう!!

8月6日

 今日は、8月6日。日本にとって特別な日。平和について考える日です。国府小では、全学年で平和学習に取り組みました。担任が平和に関する本の読み聞かせをして、その後に、平和に関しての意見を交流しました。平和について考えるだけでなく、これからの自分の生活の中で、自分にできることを見つけていってほしいです。嫌な思いをすることなく、みんなが平和に一日を終えられるように「や・か・た」の心を育てていきましょう。

 

はじめてのプールは6年生といっしょ

 8月4日(火)に1年生と6年生が一緒にプールに入りました。1年生は待ちに待った初めてのプールです。6年生は、1年生が怖がらないように、1年生にプールの楽しさを教えられるように接していました。6年生のおかげで、プールを楽しく終えることができた1年生でした。

 

 

 

 

夜空を見上げよう

 8月3日(月)4年生がサイエンスヒルズ小松に校外学習にいきました。理科で夏の星についての学習をサイエンスヒルズのプラネタリウムを使ってまとめるためです。子どもたちは、学校で学習したことを思い出しながらヒルズの職員の方の説明を聞いていました。実際の夜空を見上げながらの学習は難しいけどお、プラネタリウムを使うと夜空を見上げている感覚で学習ができていいですね。

 

 

校外学習 in みどりの里

 7月17日(金)に6年生が校外学習で里山自然学校大杉みどりの里に行きました。新型コロナウイルス感染症予防のため、泊を伴う活動はできませんでしたが、制限がかかる中で工夫して活動ができたと思います。工夫すれば、コロナ対策をしながら学校行事を行えることがわかりました。どの子も楽しい1日になりました。みどりの里での活動のあと、学校に戻り、夜はきもだめしをしました。校内での「きもだめし」は初めての試みです。めったに体験できませんね。いい思い出になりました。  
  


 

ゴミの問題に対して、自分たちにできることは?

 7月20日(月)、21日(火)に4年生が小松市エコロジーパークの見学に行きました。小松市のゴミについてのさまざまな問題を調べ、エコロジーパークで働く人の声を聞きました。ゴミ問題に対する考えや困っていることを知ることができた4年生。この後、知ったことをもとに、自分たちにできることを探っていきます。小松市のゴミを減らすために自分たちには何ができるのだろう。

 

 

     

 

プールを安全に行うために

 プール監視時の救急救命講習会を行いました。例年、保護者を交えての講習会を開催していましたが、コロナウイルス感染症対策により、教員だけでの講習会となりました。資料での説明のあと、小グループごとの実技講習が行われました。どんなときでも慌てずに児童の安全を守れるように真剣に救命法の講習を行いました。

 

 

がんばった国府検定

 国府検定で満点をとった子に校長先生から表彰状が渡されました。これまで、何度も表彰状をもらっている子、今回初めてもらった子などたくさんの喜びの顔を見ることができました。次回は、7月下旬に1学期の漢字50問テストです。50問漢字テストに向けて、今から自学をがんばろう!

 

 

災害に備えよう

 7月8日(水)シェイクアウト石川に参加しました。地震災害時にどのような行動をとるのかを体験しました。事前指導をしっかりと受けていた子どもたちは、素早い行動で机の下に隠れ、自分の身を落下物から守っていました。本当に災害があった場合、どこにいても自分の命を守る行動がとれるように訓練は大切にしましょう。

 

 

3年生理科 チョウの体のつくりってどんなんだろう?

 3年生理科では、「チョウを育てよう」という単元を学習しています。畑からチョウの卵をとってきて、教室で飼育しました。これまでたくさんのチョウが生まれ、国府の空に放しました。今日は、学習のまとめとして、チョウの体のつくりを学習しました。実物のチョウでは観察しにくいためICTを活用しNHKのデジタルコンテンツで観察学習をしました。チョウを画面上で360°回転させながら、チョウの体のつくりを確かめていました。1人1枚のタブレットが早くほしいですね。